【過去記事】ホンダハイブリッド機 HSM1180i「走行不能」です。

業者様よりハイブリッド除雪機の修理依頼が入りました。

機種は「ホンダHSM1180i」 ((((((ノ゚⊿゚)ノ

稼働時間は226時間です。


現象は「警告灯4回点滅 走行不能」です。

4回点滅は電装系の右ドライバー系統の異常を示すお知らせ (-“-;A

診断機DrHで故障履歴を確認しましたが、右ドライバー異常と表示するだけヽ(`Д´)ノ

不親切です…

素手で診察するしかない状況。

早速作業開始。

①ECUとドライバー間の配線点検

メインECUとドライバーコネクターまでの良非判定は以外と簡単。

左右のドライバーの信号配線コネクターを入替ます。

(電源系の太い配線コネクター2つは雄雌が逆で差し替えできません)

今回は点滅回数が6回になりました。

って事はドライバー信号線はECUまでOK!

その他の点検個所はモーターパワーリレー系とドライバーユニット本体 (  ゚ ▽ ゚ 😉

ドライバーユニットは高価な部品です、ヤマ感で交換する勇気はありません。

ちなみに¥36,750。

ちゃんと回路を点検して決着をつける必要があります。

②パワーリレー系点検です。

   左右のパワーリレーを入れ替えてみます。

   点滅回数が変化すればリレーって事になります。


操作パネル前面のカバーを外すとリレーがずらっと見えます。

両側のリレーがモーターパワーリレー、内側4個がハイトとローリングリレーです。

左右のパワーリレーを入れ替えてもNG、じゃーリレー電源をチェックする為にホルダーを外したらこんな感じになってました(ノ´▽`)ノ


切れてます、白地に青ラインの線が、それも焦げてます((((((ノ゚⊿゚)ノ

この線は右走行パワーリレーのコイル側電源線です。

(ECUの24VOUT端子に繋がっている線)

線が通っていたフレーム辺りを見ると、黒い塗装にも焦げ跡が‥・

そうです、レアショート現象が起きてました。

ヒューズは飛んでません、ジリジリと漏電して熱を持ったんですね。

やはり「ECU~ドライバー間」ではなく「ECU~リレー間」に問題があったんです。

予想的中でした。

断線した配線を補修しフレームに干渉しない様に取り回しをして完了です (^_^)v

電気は正直なのでキッチリ治せるのがイイですね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。