Husqvarna226RJ 「振動が気になる」件検証

カスタマーサポート小関です

今日はハスクバーナの刈払い機226RJの診断です

お客様より機体振動が少し大きいのではないか?という事でお預かりした品

試運転を行うと同型機と比較して微妙に振動が大きいような…

ん~、気にすれば気になるけど…

運悪く今日はFFTアナライザーを自宅に置いてきてしまったので振動周波数測定はパス

*昨日は一日中日産HR12DEの3気筒始動と戦ってました

アナログ的に解析します

その前にこのエンジン、ハスクブランドですが何処かで見たような外観ですよね

エンジンをひっくり返すとあの型式が張り付けてあります

そうです「G26LS」、懐かしい型番

ゼノアのエンジンなんです

*私、このエンジン大好きです 始動性と加速性が最高

クラッチに問題無い事を確認したらシャフトの点検です

最近の機種はクラッチとシャフト間に防振スプリングが装備されていています

この機種にはその防振スプリングはありません

その分振動値は大きくなります(防振の独特な感じがヤダ!って人もいます)

どっちが良いかは好みの問題ですが私は防振アリがイイかな?

プロフェッショナルなユーザーの場合は防振スプリングが破損するトラブルが出る事があるので防振無しの方が販売する方として安心なんですが…

シャフトをMブロックにセットして振れを確認すると少し触れてます

刈払機のシャフトはしなるので測定が難しいんです

張り方向にシャフト行ってもダイヤルゲージのスプリング力でゲージが振れません

ちょっとしたテックニックが必要です

今回のシャフト振れの判定は微妙な値でした

ん~、こうしようかな?

コメント

  1. ヒデ より:

    振動が他の同機種より大きいと感じる原因のひとつがあります
    クラッチハウジングを外しクラッチドラムを空転させると精度が出ていないものがあります
    いびつな回転で振動が出ます
    素人でもわかります
    クラッチドラムのドラム部はプレス加工のため当たり外れがあるのではないでしょうか

    • 小関清志 より:

      ご指摘の部分に関しては一部機種で問題のあるロットが発生した事がありますね
      *ドラム内部の当たり痕が不均一になります
      クラッチドラムのチェックはミート領域でジャダーが発生すかで判断できます
      厳密には部品単体でのスターティックバランステストを行うと確実です

      今回の個体は揺り戻し特性に問題があります
      あまり多くは公表できませんが竿の内部構造に掛けるコストなど価格的な性能限界にも関連しています

      テスト用の防振シャフトに交換すると当該振動は改善しましたが防振特有の癖が現れます
      パイプの肉厚との相性もあるので難しいですね

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。