STIHL FS26C-E エンジンかかりにくい故障診断

PLOW長岡店の柳です。エンジンかかりにくい症状で持ち込みされたSTIHL FS26Cです。
燃料はガソリンスタンドで購入した混合油を使っているそうです。燃料を抜き替えてみましたが初爆するだけでエンジンかかりません。
スパークプラグを点検すると電極が白く焼けています。エンジン焼き付きの可能性が高いです。
圧縮圧力を点検すると7.7barしかありません。低いです。
マフラーを外してピストンを点検すると縦傷はありませんが黒っぽいです。排気口にカーボンが付着しています。
シリンダーの吸気側を点検すると縦傷があります。
拡大すると薄い縦傷がよく分かります。エンジン焼き付き確定です。
圧縮圧力低下してエンジン始動不能になったと診断しました。
シリンダーの吸気側に縦傷ができる原因は
1、エアークリーナーから異物を吸い込んだ。
2、低品質なエンジンオイルを使用したために
カーボンが燃焼室に溜まり、はがれてシリンダーに傷をつけた。
3、劣化燃料や水分を含んだ燃料を使用した。

STIHL製品には必ず純正エンジンオイルを使ってください。排気ガスの煙を低減する添加剤(ポリブデン)が他社製エンジンオイルには入っていてエンジン内部のベアリングの動きを悪くします。また、カーボンが発生してシリンダーに傷をつける原因にもなります。
PLOW長岡店ではHPスーパーを使用しています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。