STIHL MS280C-BI 修理完了

先日エンジン始動確認まで進みました。STIHL MS280C-BIです。お客様からテンショニングギヤを送ってもらいました。
ソーチェーンを取り付けてキャブレター調整します。
MS280C-BIは高速H側のみソレノイドバルブが付いていてコントロールユニットが自動調整します。
M-Tronicの前のモデルです。低速Lスクリューとアイドリング回転数LAスクリューでキャブレター調整します。全文英語ですが、Google翻訳アプリを使えば簡単です。
瞬時に吹け上がるエンジンです。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。