STIHL 010AV 011AVチェンオイルがクランクケースに流れ込む修理中

長野県のお客様からお預かりしているSTIHL 010AVの修理中です。チェンオイルがクランクケースに流れ込む症状です。010AV 011AV 012AVはクランクケースの負圧でダイヤフラムを脈動させてチェンオイルを吐出する構造です。クランクケースガスケットが破れるとチェンオイルがクランクケースに流れ込み燃焼室まで入ってしまいます。コンロッドベアリングがバラバラになるアクシデント発生しました。
010AVをここまで分解するのは初めてです。バラバラになったベアリングをどうやって組み上げるか?
試行錯誤してベアリングを無事に組みつけました。企業秘密のた写真は非公開です。ガスケットは交換してあります。
シリンダー内壁とピストンにエンジンオイルを塗って
シリンダーを取り付けます。規定トルクで締め付けます。
左右のオイルシールを取り付けます。
次にイグニッションコイルとフライホイールを組みつけます。
フライホイールも規定トルクで締め付けます。
燃料ホースとピックアップボディを交換します。マフラーも取り付けました。
フィラーキャップ交換しました。まだメーカー在庫あります。
ハンドル、キャブレターを取り付けました。完成まであと少しです。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。