ホンダ発電機EU9i エンジン不調診断

ホンダインバータ発電機EU9iの故障診断です

大阪府摂津市より送っていただきました

症状は「エンジン不調、負荷がかかるとバタバタします」

地元の修理店でインバータユニット不良と診断されたそうです

いつものセカンドオピニオン

到着後梱包を開けるとガシガシ使い込まれてるのが分かります

粉じんがいたるところにこびり付いてますね~

早速症状を確認すろとおっしゃる通り

①オイル量、スパークプラグ火花、圧縮圧力は正常

②始動性は良好

③無負荷運転は安定して回り続ける

④電気負荷を接続すると「バババッ、バババッ、ババババ」っ絶不調

⑤空燃比が濃すぎる様なのでチョークを少しかけるとエンスト

完全に過濃混合比ですね

ベントチューブの取り回しを疑いましたがぱっと見正しい配管

でも、↑の写真に原因が隠れてます

EU9iのエアクリーナ空気取り入れ口は↑の矢印の部分

小さい穴が開いていてここから燃焼に必要な空気を取り入れます

で、今回の故障原因ですが…

H31・4/20オイル交換済とテプラで作ったラベルが貼ってありますね

剥がれ掛けてヒラヒラしてます

ラベルとエアクリーナ吸入口の関係です↑

そうです、このラベルがエンジン不調の原因

無負荷時はスロットル開度が小さく吸入空気量が僅かなので不具合は出ませんが、電気負荷を接続すると吸入空気量が大きくなりラベルが吸い寄せられます

こんな感じで「ピタっ」と吸入口がふさがれちゃいます

試しにラベルを剥ぐと全く問題なく回転し続けました

完全な自爆ですね

インバータユニットは無実でしたよ

コメント

  1. ANK より:

    始めまして、私は建設機械のレンタル会社の整備をしております。
    2ストエンジンから20tクラスの重機まで維持管理をしていますが、故障診断等とても見習うべき事が多く勉強させてもらっています。
    内容も読みやすく構成されているので読んでいておもしろいです、これからもアップロード楽しみにしています。

    • 小関清志 より:

      いつも購読していただきありがとうございます。
      これからも皆様のお役に立てる情報を発信してまいります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。