【過去記事】STIHL チェンソー MS241C-Mエンジンかかるけど最高回転数に達しない修理完了

{763EF9D6-D031-4729-8178-C87B4DBD6EE6}

ブログ長岡店の柳です。

中古のMS241C-Mを購入した五泉市のお客様から修理依頼です。エンジンかからないそうですが燃料を給油するとエンジンかかるけど最高回転数に達しないです。
{5F1B45B3-907E-48F4-B2B7-19B1847F0C1C}
故障診断すると、デコンプバルブから燃料漏れしているのとプラグキャップブーツが切れています。
{02DF70CF-F1E7-41D2-BD3C-B814B79D57FD}
圧縮圧力測定すると8.1Barで低い圧力です。
{4B2951E4-F0A0-45DA-B50C-FFD4C344F2A3}
カーボンが噛み込んで圧縮漏れしているようです。清掃して直りそうです。
{D95B3863-4B22-4E78-9730-6B4B4C9E5987}
マフラーを外してシリンダー内壁とピストン点検します。縦傷はないですが排気側に吹き抜けた跡があります。排気側出口にカーボンが付着しています。
STIHL純正2サイクルエンジンオイルを使っていないかもしれません。
高回転、高出力エンジンなのでエンジンオイルは必ず純正品を使ってください。
{A038C7B4-63FC-469C-B157-9E3BEA751524}
デコンプバルブ清掃後、圧縮圧力が9.6Barに上がりました。
{F276397B-91D4-4B7C-B29D-7DCBC4B1AD64}
診断機MDG1で点火系統の点検します。
{23F7D1D6-8DB0-4B8F-8F14-7B369AE1D693}
スロットル全開にしても最高回転数に達しないと検知しました。エアークリーナー詰まり、ソレノイドバルブ異常などが原因と表示しました。点火系統は正常に機能しています。
{911D30D4-197E-4E1D-9277-BE2A8A7ED132}
お客様に修理見積もりしてGO!サインいただきましたので部品発注します。
{9F005594-B1D2-49F5-925E-FEA1EE367FF8}
キャブレター分解、ソレノイドバルブ右側を交換します。
{A08E6959-DA03-4805-A958-462D86741FED}
リコイルスターターを外してフライホイール、スターターの汚れを洗浄します。
{1378753E-0646-4D1E-B13A-3B6D79E7BC5A}
キレイサッパリしました。
{6E530F7B-E339-4355-B210-C97C572F2FF3}
マフラーを外してシリンダー排気側も清掃してスカッと爽快です。
{F691884E-20C7-4709-968A-884A5343CEAF}
エンジン始動、ソレノイドバルブを交換したので工場出荷時の状態に校正します。⬆️は校正後の設定値です。
{E1402F90-E98C-4300-9EEF-E06325577901}
MDG1で再テストすると最高回転数に達しました。
修理完了です。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。