【過去記事】グレブリー34Ton 薪割機 斧破損修理完了

{E8D9CBAC-D150-48C4-832C-A4CD495AA6B3}

プラウ長岡店の柳です。

新潟市内のハウスメーカー様から修理依頼です。
アメリカ グレブリー社製薪割機34Tonです。

{97C5EF6B-8A14-4A7D-9D83-7840917CC1D6}

修理内容は斧が破損しています。

{B4FD4A40-E70B-4467-BB98-2BDBB89BA05E}

シリンダー戻り途中でフレームのバリに引っかかり斧がロックして油圧の力で付け根を破損してしまいました。

{F94FCEAC-C9E0-494E-8EFB-B6693D07776E}

なぜバリができたのかは分かりませんが斧に負荷がかかってフレームに斜めに押し付けられたようです。

{A6B4C0B3-0CBC-4A81-8D28-0814D7A1F0C4}

バリはグラインダーで削ります。

{9B8A2A00-51F7-430C-8C82-4EE094B02923}

写真のように根本から引きちぎられています。

{EAF7E351-053B-4A47-A45A-E647A4CC888E}

強い力がかかってピンは曲がってしまいました。

{0A6BD2A9-70B4-48EB-9044-81B16E36FB7C}

グラインダーで修正完了です。

{E8505ADA-9350-47F4-BB7B-4FE7A1BCE544}

錆びていたマフラーは磨いて耐熱黒で塗装しました。

{B34E1409-29E4-4AD3-8B5A-DF9A1EABF98D}

新品斧に交換、作動油点検補充して組み立て完了、試し割りして修理完了です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。