【過去記事】STIHL チェンソー MS260-1 メンテナンス完了

{2E395526-89A0-44D5-80CB-C69CAE8D1C18}

プラウ長岡店の柳です。

STIHL MS260-1メンテナンスで入庫しました。スパークプラグがカブりやすいそうです。動作確認すると、エンジン始動性、吹け上がり良好です。

{A18FBC29-5820-4000-B177-DF531E4E5FC3}

基本点検から、スパークプラグを外して圧縮圧力を点検、約12.8Barあります。最近点検した中で最も高い圧縮圧力です。正常値です。

{E93C5C50-2CA1-4D06-9571-DEDE217AA3FA}

スパークプラグは若干カーボンが付いていました。プラグ穴からシリンダー内壁点検、ピストンヘッドのカーボン点検、燃焼室にカーボンが溜まると圧縮圧力が高くなるのですが、この機体は正常でした。

{401AFB3E-E73B-4DE4-BCAB-39C74F8D2EF2}

エアークリーナーが木屑で詰まっています。空気量が足りない状態、濃い空燃比でスパークプラグがカブりやすい症状が出ていたようです。

{5CA4140D-30CB-498B-91A9-B9D341418789}

リコイルスターターを外してみると、木屑がこびり付いています。上のフライホイールのフィンでエンジン冷却する空気を吸い込みます。ここが詰まるとエンジンが冷却できなくなって焼き付きます。

{76A4E012-8864-4D5B-8172-75E46DBF3DE7}

頑固な汚れも徹底的に落とします。心が洗われました。

{EC03ACFB-ACC9-4CB6-9136-5CCA82FFBF80}

スパークプラグ、ピックアップボディ交換、ソーチェン交換してエンジン回転数点検、キャブレター微調整してメンテナンス完了です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。