STIHLエンジンカッターTS800 エンジン始動不能です

市内の修理業者様よりの依頼品、STIHL TS800

エンジン不調でダイヤフラムを交換したが始動不能になったそうです

症状を確認すると確かに異常です

キャブレターは依頼業者様が分解清掃とダイヤフラムを交換しています

なので原因はそれ以外でしょうって事で診断開始しました

圧縮圧力と点火火花は正常値

ニードル調整をすると何とか始動しましたが何か変です

Hi側のセット値が安定しません、セットしたと思うと回転変動が発生し再調整するとまた変動…

この症状は吸気系の二次空気吸入か燃料ホースからのエア吸いですね

という事でホースのチェックをすると…

パックリ亀裂が入ってますね~

気持ち良いくらい空いてます

キャブレター燃料系にこの部分より不規則に空気が吸い込まれ空燃比をばらつかせていたんです

ピックアップも通りが悪いので同時交換

ホースからのエア吸い込みは空燃比のオーバーリーン状態を引き起こします

結果、燃焼温度が上昇してエンジン焼き付きが発生する非常に危険なトラブル

ゴムホースは必ず劣化します、定期的な交換で焼き付きを未然に防ぐ事ができます

数年交換してないって方は交換してくださいね

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。