【過去記事】ハスクバーナ チェンソー 135e チェンオイルが出ない修理完了

プラウ長岡店の柳です。

柏崎市のお客様から修理依頼です。チェンオイルが出ない修理+目立て依頼です。まだ新しい機体です。

まず目立てをしてから故障診断します。

オイルポンプはクラッチの奥にあるため専用工具を使ってクラッチを外します。

カバーを外すとウォームギアが熱で溶けていました。

木屑とオイルが混ざりひどい汚れです。

ハスクバーナ・ゼノア株式会社製のチェーンソーはオイルポンプ故障が多いです。使用者の目立て不良の原因も考えられますが、オイルポンプとカバーの隙間に木屑が入りこんでしまうのが原因のようです。STIHL製では036でニードルベアリング破損してオイルポンプが削れたので交換した1回だけです。

クリーニング前

クリーニング後

新品のオイルポンプと比較すると

外した左側のプラスチック製ギヤがナメています。

右側が新品のウォームギヤです。

クラッチを取り付けるためにリコイルスターターを外します。

始動確認、正常にガイドバーの先端からチェンオイルが出ています。

修理完了です。

コメント

  1. 藤山等章 より:

    135eのチェーンオイルが漏れるのですが、故障でしょうか?
    新品で動作確認済みのものを購入したのですが、しばらくそのままにしていたら動作確認のために入れられていたオイルがベットリ漏れていました。
    その後も保管していると漏れてきます。

    • 小関清志 より:

      135eのオイル漏れは過去なんどか修理しています。
      オイルタンクにオイルチューブを接続している部分からもれたケースが2件
      オイルチューブとポンプシリンダーの接合面からの漏れが2件
      どちらも設計構造がシンプルでゴム製のオイルチューブの丸穴にポンプシリンダーを差し込んだだけの構造の為ゴムの硬化や劣化により漏れる事があります。
      当該接続面にバリや異物があれば確実に漏れます。
      346XPなどはその部分が2分割のゴム部品の為漏れは日常茶飯事でした。

      また、ポンプがオイルを送り出す構造はポンプピストンの切り欠き部がポンプシリンダー内を回転しオイルインレット穴から取り入れたオイルをアウトレット穴から排出する構造の為
      エンジン停止時にポンプピストン先端の切り欠きがオイルインレット穴とアウトレット穴が開通した位置で停止するとオイルタンク室とガイドバーへのオイル給油口がつながった状態となります。
      その場合、気温上昇などでオイルタンク内部圧力が上昇するとオイルがガイドバーオイル供給口からでてきてします構造です。
      この状態だと中長期間保管しているとオイル溜まりができる事があります。

      どちらの現象なのかは実機確認が必要ですが少量のオイル浸みは仕様の範囲と思われます。
      多量に出る場合は不具合がある可能性がありますのでプロショップでの点検をお勧めします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。