【除雪機】ハイブリッド除雪機の修理 HSS1170i 走行不能 不具合完治

ホンダ小型ハイブリッド除雪機HSS1170i電装トラブル故障診断その後 (ノ゚ο゚)ノ

前回までのあらすじ

エンジンを始動するとすぐに赤い警告灯が5回点滅する不具合が発生 Σ(゚д゚;)

このコードは右ローターセンサー不良の合図です。

まずはECU内部不良を確認する為、センサーハーネスのコネクタを左右差し替えて状況を見ます

が、相変わらず5回点滅を表示します。

これ、ちょっと戸惑いますね、普通に考えてECUの内部不良です。

センサー不良なら左右の神経を入れ替えると表示は左不良の7回点滅に変化するはずです。

と言う事で、↑のように配線の断線ショートと電圧値を測定することとなりました。

全部測定しましたが全て正常値です ( ̄Д ̄;;

そこでホンダの診断機Dr.Hを接続してデータモニターすると「左右センサー異常」の故障履歴が連続しています。

左右コネクタを入れ替えたのは1回のみ、連続不具合記録は明らかに変です。

こんなの前にもほかの機種であった記憶が… 電装修理してると稀に遭遇するゴースト」かも。

なので左モーターも分解点検する必要ができました  (´_`。)

でも、センサーを外すのは比較的簡単ですが取付は大変です。

*やった人しかわからない苦行…、サブハーネスが短すぎてコネクターを挿せないんです。

コイルの点検もあるのでこの作業、エンジンを取り外します…

↑はエンジンを取り外した図、エンジンの下はこうなってます。

中央のミッション入力軸わき(左)にモーターハーネス引き込み部があります。

グロメット固定プレートを取り外し、ミッション内部にハーネスを引き入れないとコイルは引き出せないんですね (iДi)

だからエンジンを取り外さなきゃダメなんです。

で、ガサゴソと怪しい部分をサーキットテスターオシロスコープで確認。

長くなったんで診断結果です (ノ゚ο゚)ノ

今回の犯人は「左モーター回転センサーに決定! ((((((ノ゚⊿゚)ノ

ECUもローターもコイルも犯人ではありません。

左センサー交換、各部を仮組しバッテリー走行モードで起動できるか試すと「OK」です。

モーターが回転する様になりました。

長い道のり(延べ7時間程)、コントロールパネルの警告表示に騙されましたが無事復旧。

今回の不具合発生原因はバッテリー接続時にスパークが発生したんでしょう。

その結果左右ともセンサーが損傷(かなりデリケートなセンサーです)、ECUがエラー表示をだした。

けど、本来5及び7回点滅両方を表示しなくてはならないのに5回(右)不具合だけ表示

*表示プログラムのバグと思われます

そして、右センサーを交換しても何故か右センサーを不良と表示 ∑(゚Д゚)

これ、誤作動している左センサーの異常な信号が被ったと思われる。

結局、配線信号をすべて追うと左モーター回転センサーの故障でした。

不思議ですね~、右センサーを何回交換しても右がダメって表示するなんて。

でも、左センサーを交換すると何事もなく普通に作動する。

電装修理って奥が深くて楽しい。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。