【発電機】発電機の整備中です

災害が起こると発電機修理のお問い合わせが急増します。

日ごろから点検整備をしていれば良いのですが、必要な時に動いてれないんです

これは柏崎市内の修理業者様よりの整備依頼品です。

新ダイワEGR2600-A

PLOW上越店は修理業者様からの外注修理もしています。

症状は「発電しない」…

一番困った症状ですね。

発電部のカバーを外すとこんな絵になります。

黒い塊がAVRユニット、発電量をコントロールする役目をしてます。

中央ちょっと上の小さい黒いパーツがブラシです。

いつも通りチャチャっと診断して行きます。

無負荷発電電圧を測定すると0Vではなく数V出てきます。

続いてステータの絶縁テストメガーで測定

ん~、ダメですね~、基準値を大幅に超えてます。

コイルの絶縁が維持できてません。

ステータコイルの交換が必要ですね、でも部品金額は¥52,560(税別)

この時点でもうアレです、技術料入れると新品市場価格と同程度。

AVRユニットやブラシの金額を考えると修理は現実的じゃありませんね。

見積を提出して次の患者の診察です。

これも新ダイワiEG900M ヤマハのOEM機です。

色が赤い以外は同じ機械。

某自動車部品メーカー様工場の非常用発電機。

この発電機は定期メンテナンスでお預かりしました。

来る非常事態に備えて整備をしたあとタンクとキャブのガソリンを抜き取り保管します。

一通り整備た後、正しい電気が発電できているか測定します。

テキトウな修理工場ではサーキットテスターで発生電圧を測定してOKにしますがそれじゃーダメです。

ちゃんと波形のチェックをしないと電子機器を安心して接続できませんよね。

インバーター発電機として綺麗な波形を出力しているかオシロスコープで確認。

安いインバータ発電機の波形を測定すると「ホントにインバータ???」って波が出ます。

自分のパソコンは絶対に繋ぎたく無い機種が多々あります。

↑の波形はOK、正常に制御された綺麗な電気が出てきます。

高価なノートパソコンや電子機器を繋ぐならキチンと整備・点検された発電機を使ってくださいね

コメント

  1. 山田和義 より:

    お知恵を拝借致します。
    まったく発電しなかったり、140V~180Vしか出力しなくなってしまった
    ホンダET5000Z(三相200V)超レア品です。
    考えられる原因を教えていただけないでしょうか。
    たまには調子よく200Vをキッチリだすんですけど(汗)

    • 小関清志 より:

      ET5000Zの出力不良で可能性のある原因を下記にご案内します。
      ①出力調整ボリュームの劣化
       ボリューム抵抗接点が腐食または摩耗し一定の抵抗値にならない
       昔のテレビでボリュームを操作するとバリバリ音がした現象と同じです

      ②AVR(出力調整機構)の不具合
       俗にいう基盤です
       AVR回路により出力電圧を規定値に保つ制御を行っています

      ③エンジン回転数の変動
       エンジン不調により規定回転数を維持できないと出力低下または増加します
       正常出力時の回転数と異常発生時の回転数に差異があればエンジンの整備が必要です

  2. でんちゃん より:

    教えてください。
    デンヨウのGE1600Ⅳを中古で購入しました。
    デジタルテスターで計測すると電圧は100V出ており、
    扇風機、ヘアードライヤーは動作します。
    しかし周波数は50Hzとか60Hzとか表示されず、読取れない程に変動します。
    テスターの故障かと思い商用電源で計測すると50Hzと表示されます。
    どこが悪いのでしょうか?
    また、この状態で使用してよいのでしょうか?

    • 小関清志 より:

      デンヨウGE1600Ⅳはインバータ制御で周波数切替を行っている為正常動作では周波数変動は無いはずです。
      50HZ設定で60HZの周波数を出力しているとすれば異常動作と思われます。
      60HZ設定で時々50HZに変動する場合は周波数切替スイッチの誤動作が疑われます。
      周波数異常の状態での使用は接続機器の故障を招きます。

      周波数測定はオシロスコープを使用して変動状況を観測を行うことをお勧めします。
      サーキットテスターの機種によっては正確な測定が出来ません。

      周波数切替スイッチの点検方法はスイッチ端子両端の導通点検で行います。
      50HZ側の時は導通無し 60HZ側で導通ありで正常値
      スイッチ及び回路の断線が発生すると50HZを出力します。

      それ以外で不具合があるとするとインバータ回路の誤作動の可能性。
      スパークプラグの異品番取付(レジスター無し)による電磁波由来の誤作動。
       *BPR6HSが指定品番 R無し品番を装着すると異常動作の原因となります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。