【過去記事】2サイクルエンジン設計の理想形

エンジンマニアの私的に大好きなエンジンがあります ヽ(゚◇゚ )ノ

コレです。

ホームセンターなどで売ってる廉価チェンソーのエンジン

エコーGC33タナカのPMS305とか日立のチェンソーにも載ってるスタンダードなOEMエンジン。

↑の写真みて「ニヤっ」とした人はマニアかも (ノ´▽`)ノ

キャブの位置に秘密があります。

これ、クランクケース・リードバルブ式なんです \(゜□゜)/

80年代バイクブーム世代リードバブルエンジンこそ最高って記憶があるはず (ノ゚ο゚)ノ

リードバルブをカーボンやファイバー製に替えるなんて改造して喜んでました (-_-メ

高性能2ストエンジンは例外なくクランクケースリードバルブでした、TZRNSRが代表的。

普通の2サイクルエンジンはシリンダー壁の穴をピストンが開閉する事でクランクケースに吸気しますが、↑のタイプのエンジンはキャブからダイレクトにクランクケースに吸気します。

なのでキャブとマニホールドを外すとクランクシャフトが丸見えです。

これはSTIHL017のエンジン。

*現行機種MS170も同じ

シリンダーの右に吸気マニホールド、左にマフラーが付いてます。

このタイプ、吸気タイミングはシリンダー壁の穴とピストン位置の変化で行う、「ピストンバルブ式

吸気性能を追求すると厳しい構造ですがシンプルが取り柄 ヽ(゚◇゚ )ノ

別の意味で究極の構造ですね「しんぷる」 (ノ´▽`)ノ

レーシングカートのKT100なんかもこの構造でした。

ホームセンターの廉価チェンソーに2サイクルエンジンの理想形が隠されてるって面白い ヽ(゚◇゚ )ノ

コレクションにしたくなります。

コメント

  1. 鉄馬再生人 より:

    はじめまして、隣県に住む鉄馬再生人と申します。
    もう45、6年前になりますかね? バイクメーカーのヤマハが初めてリードバルブエンジンを登場させて。当時、私はBS(ブリヂストン)のロータリーバルブエンジンに乗っていて、ロータリー信者でしたが、リードバルブエンジンの中・高速の伸びにハマってロータリーからリードのヤマハに乗り換えました。その後、BSはバイクから撤退し、そのエンジン技術を引き継いだのがタナカでした。数年前、薪ストーブ用導入の為にチェンソーを初めて購入しましたが、ロータリーを引き継いだそのタナカのエンジンがリードだったと気付いたのは購入した後でした。そして、私にロータリーを捨てさせたあのヤマハがカート用に作ったKT100のエンジンは、ロータリーバルブ用に設計したエンジンだったと言うのもカートを始めて知りました。
    個人的には私もタナカは好きですが、道具としてのチェンソーを考えた時に私が出した答えはスチールでした。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。