プロ農家の機械「ネギの皮むき機」倉林機械産業㈱のQPE3

近隣の農家様よりの修理依頼です (ノ´▽`)ノ

ネギの皮むき機です。

中央の丸い穴にネギを差し込むとセンサーが感知して高圧エアーが「プシューっ」 ヽ(゚◇゚ )ノ

皮がむける仕掛けです。

近くのN協さんで修理不能と言われたそうです ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

でも弊社では修理しちゃいましょう。

製造はネギの本場「埼玉県」 ヽ(゚◇゚ )ノ

現象は↓

①エアバルブ不作動、コイルダメですね。

②光伝センサー作動しません、リレーがクローズで固着。

簡単なシステムなんで順番に故障診断していきます。

これコイルを外したエアバルブ。

新しい物に交換ですね。

CKD社製AD11-15A 02C、現在も製造されるから問題無く交換できます。

コレ、交換したバルブです。

センサーでネギを検出するとAC100Vが青い線にながれてエアバルブを開きます。

問題はこの光電センサー、オムロン製。

E3JK-DS30M1

廃番です ( ̄□ ̄;)!!

酷使されてボロボロ、内部リレーが固着してます。

仕方無いので同じオムロン製E3JK-DR12 2Mに交換しました。

配線の色が違いますが互換性あります。

配線ターミナルも汚れ放題 ヽ(`Д´)ノ

清掃して配線を引き直しました。

完璧に作動するようになりましたよ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。