【過去記事】ヤマハ除雪機 YT660(新型)のシャーボルトガード

納品準備中の中古機「YT660」の整備です。

1年落ちの極上中古機です、もちろん現行機種の新型 (ノ゚ο゚)ノ

ヤマハの除雪機はシャーボルトが折れにくい「シャーボルトガード」を装備しています。

YT660のシャーボルトガードは「ゴムダンパー式

圧入式」のYS1070とは違う構造です。

じゃー、何がちがうの?

分解して確認しちゃいましょう。

これ、YT660のオーガ部。

そして、オーガとミションの間にある銀色の円形の部品がそれ。

機体からオーガごとミッションをはずると取り外せます \(゜□゜)/

これが「ゴムダンパー式シャーボルトガード」。

これが裏側。

簡単に分解出来る構造です。

「圧入式」みたいに油圧プレスは必要無し。

こんな感じ、黒い楕円形のゴムも簡単に取れますよ。

コレ見て分かったと思うんですが「ゴムダンパー式」は空転しません ( ̄□ ̄;)

衝撃を弱めるだけです。

↓のリンクにYS1070(旧型)の「圧入式」の過去記事があります。

バイクを整備してる人には分かりやすい構造だと思います。

リヤホイールのダンパーと同じ構造 ヽ(゜▽、゜)ノ

ゴムの弾性力で衝撃を弱める仕掛けです

過信は禁物ですね。

YS1070T2015年モデルは「圧入式」ですが2016年モデルは「ゴムダンパー式」に変更になっちゃいました。

旧型の在庫があればYS1070Tは2015年式を選びたいですね (ノ゚ο゚)ノ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。