【過去記事】ワドー除雪機 SSA107DHNのオイル漏れ修理

山が白くなって急激に修理依頼が増加、体力勝負の季節ですね ヽ(゚◇゚ )ノ

本日最初の仕事はワドーSSA107DHNのオイル漏れ修理その他。

エンジン下とオーガミッション下にオイル溜まりが出来ます。

確認するとハイトシリンダーからのオイル漏れ ((((((ノ゚⊿゚)ノ

洗浄して一晩放置すると20cc程溜まります。

この機種のシリンダーは非分解タイプシール単品交換は不可です ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

って事でシリンダーをとりはずします。

単動シリンダーなのでホースは1本しか付いてません。

下降は自重落下でさげるんです。

シリンダーはエンジンの下にあるから良く見えませんが上部と下部のピン2本で固定してます。

そのピンを抜くんですが、ヌあんと ヽ(`Д´)ノ
上部ピン見えないし…

手さぐりで確認するとエンジンブラケットの壁でピンが抜けない構造 (ノ´▽`)ノ

まじですか~」ってゴーストが囁きます。

エンジンブラケットとフレームを分離する必要がありますね。

ベルト全部はずして、反対側にあるエンジンストップソレノイド外してその他邪魔なのも外して…でやっとエンジンが持ち上がります。

真ん中の丸いのがピンです。

持ち上げないと絶対外れない構造です

やっと外れました、上がオイル漏れしたシリンダー。

下は新品、45°エルボを移植します。

シリンダーの下部ピン入れるの大変ですよ。

単動シリンダーなんで油圧で伸ばせるけど縮めることはできません

結構てこづり1時間、無事シリンダー交換を完了。

作動油を注入してエア抜き。

2か所目のオイル漏れ。

オーガミッションシールを交換 (ノ゚ο゚)ノ

左フランジのイモネジが固着して緩まないんで冷水を掛けながらアセチレントーチで加熱しやっと外れました。

シールから結構洩れてますね。

右も洩れてます。

左右のシールを交換、#90のギヤーオイルを注入して作業は完了です。

オーガミッションはホンダHS1810Zと同じタイプっていうか同じ。

部品はホンダ用を使用しました。

初雪に間に合いました (ノ´▽`)ノ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。