【過去記事】最近の入庫が増加してる新ダイワ・エンジンカッター

ここ最近修理の依頼が多いのが新ダイワエンジンカッター (ノ゚ο゚)ノ

エンジン吹けないとか焼付いたとかが多いです (´□`。)

今日のご入庫は「ECD757

作動確認すると「トップスピードが低い」「レスポンス悪い」って状況。

Hが濃い感じですがなんか変?

失火の様な、でもなんか変な吹け具合。

スパークプラグの焼け方は空燃比がオーバーリッチである事を教えてくれています。

でも回転低下や軽いハンチングっぽいフィーリングが気に入りません ヽ(`Д´)ノ

でもその前にベルトテンションのロックナット「緩々

全然張って無いんで調整してから診断に入ります。

圧縮と点火火花はOK (ノ゚ο゚)ノ

やっぱり「HDAが原因のアレ」っぽいんで分解診断をします。

私の大嫌いな「ウォルブローHDA」 ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

こまったチャンなキャブです。

ポンプダイヤフラムカバーを外すと「やっぱりね」です。

このキャブ、ダイヤフラムがボディーからはみ出てしまう欠点があるんです。

もう何台修理した事やら…

ゼノアのチェンソーG620も同じ現象がでますよ、HDAですから。

左が新品、右が機体から外したダイヤフラム。

上のはグニャグニャに伸びて膨らんで、下のは伸びてキャブボディーからはみ出る始末 ヽ(`Д´)ノ

こんなだからキャブレターからガソリンが滲み出てきます。

安全性にも問題ありだとおもうんですが…

こんな事が当たり前に起きるんです、この機種

新ダイワのエンジンカッターでエアクリーナーケース下が湿ってたら要注意です。

今回はダイヤフラムとスパークプラグを交換、空燃比調整をして快調に回るようになりました (ノ´▽`)ノ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。