【過去記事】ヤマハ発電機 EF6000TE 発電電圧異常値です

ヤマハ発電機の修理依頼をいただきました ヽ(゜▽、゜)ノ

EF6000TE、けっこう重くて一人でトラックに乗せるのは無理ですな。

三層出力付きでリーズナブルって言ったらこの機種 (ノ゚ο゚)ノ

今回の不具合は「発生電圧異常 メーター振り切りますよ ヽ(`Д´)ノ 」

サーキットテスターで測定すると100V系も200V系も異常値。

正常値の1.5倍の電圧です Σ(゚д゚;)

見積り先行なので早速診断です。

↑メータ、やばいよ。

といってもAVR式の発電機なので超シンプルな構成。

「あれ」と「それ」くらいしか原因となる所がありません (´_`。)

意外とつまらない…

とりあえずパネルをはぐって確認します。

パネル内部はこうなってます。

手前はコンセントとスイッチ類。

奥が電装系、スカスカです。

じゃーって事で容疑者Aを取り調べ ヽ(`Д´)ノ

ボルテージレギュレーターです。

熱負荷がかかるパーツなのでハンダの浮きをチェックします。

大きな問題は無さそうですが漏水の痕跡があります。

抵抗チェックでは正常、どうやらシロのようです。

が、交換はしておくべきパーツです。

ッてことは犯人は「ヤツ」しかいません。

バリアブルレジスター (ノ´▽`)ノ

コレ、パネルの後ろについてて電圧の微調整をするパーツ。

可変抵抗器です。

付いてる事すら気付かない場所にあります。

抵抗値を測定すると1.8Mオームで変化無し。

化変しないばかりか抵抗値も超異常値です。

コレじゃー正常な電圧は出ませんね。

故障原因は色々推測できますが不具合パーツはこれで決まりです。

漏水痕の有ったボルテージレギュレータも合わせて交換の見積りとなります。

ユーザーが電圧系の異常にきづいて良かったです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。