【過去記事】機械の使いっぱなしはトラブルの原因です

米の収穫も終わり、農機具の格納整備が入庫します。

手入れのイイ人、良くない人で機械の寿命が大きく変わります。

今回の患者はクボタ二面刈機「GC602」。

水田の畔草を刈る便利な機械ですが、調子が絶不調です。

2年間ノーメンテナンス ((((((ノ゚⊿゚)ノ

チョークを引かなくてもエンジンが始動します、もちろん始動困難。

(チョークを引くとかかりません)

始動後、マフラーから青白い煙が出ますΣ(゚д゚;)


この機械、まだまだ新しいんですが…

状況からエアクリーナーの詰まりが予想出来ます。


で、確認すると「あり得ない」状況に一同唖然( ̄□ ̄;)!!

乾式タイプのはずなんですが、ドロドロした汚れで完全に詰まってます。

エンジンが回るのが不思議なくらいに。


左が詰まった方、右が新品。

交換後、始動性良好、煙も出なくなりました。

エアクリーナーが詰まったせいでベンチュリー負圧が高くなり、チョークと同じ現象になったようです。

煙はエアクリーナーケースのエンジン側で負圧が高まり、ブローバイホースからオイル飛沫を吸入したのが原因でしょう。

以前にオイル吸入でウオーターハンマーをおこしてブローした事がありました。

チョッとした点検で防げるんですが。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。